ENTRY

MEMBER

社員インタビュー MEMBER INTERVIEW

研修を経て、民間認証局のシステム保守業務に携わり、現在はインフラ構築案件でサーバの設計・構築を担当しています。

2015年4月 新卒採用

韓 ダジョン Dajon Han

入社理由
IT業界にとても興味があり、この業界で働きたいと思っていました。文系出身でITの知識もなかった私ですが、学部学科不問、人財育成に力を入れているところにとても魅力を感じ、入社を決めました。

仕事で感じたやりがい、満足感をえたエピソード
IT業界は技術の進歩が著しく、次々と新しい技術が生み出されます。そんな中で新しい技術•製品について学び、その知識を業務に活かせたときです。

エム・デー・ビーの良いところとその理由
希望した職種(開発•インフラ等)に就くことができ、自分の適性に合った分野で活躍できるところです。

今後挑戦したいこと
AIやビッグデータ等の先端技術を用いて、一歩進んだシステムを提案・構築してみたいです。

新卒で入社し、WindowsとLinuxを扱うシステムの運用保守を担当。

2021年4月 新卒採用

安岡 京香 Kyouka Yasuoka

入社理由
様々な業界でITの需要が高まっていることを知り、大学時代、プログラミングに触れる機会があったことをきっかけに、人財の育成がしっかりしているMDBへ入社を希望いたしました。

仕事で感じたやりがい、満足感をえたエピソード
まだ経験は浅いですが、トラブル発生時に状況を分析し原因を突き止めることができた時に達成感を感じました。課題を発見する能力の向上はやりがいの一つになっています。

エム・デー・ビーの良いところとその理由
社員一人ひとりのニーズに合わせてスキルアップ出来るところが、MDBの良いとこだと感じます。また、イベントがとても多く社員同士での交流の場が良い刺激となって仕事へのモチベーションにもつながります。

今後挑戦したいこと
設計や構築と呼ばれる上流過程に携われるようにスキルを身につけ、エンジニアとしてのキャリアを向上させていきたいと考えています。

新卒で入社し、3か月間の社会人としての立ち振る舞いやITの基礎知識を学びました。現場入り後は、インフラ基盤構築に従事し、日々勤勉中。現在はECサイト運用のインフラ基盤構築に携わっています。

2021年4月 新卒採用

西山 京佑 Kyousuke Nshiyama

入社理由
アルバイト先の先輩が文系出身でIT業界に就職しており、それがきっかけで私もIT業界で仕事をしてみたいと思っていました。入社後3ヶ月間の研修やOJTなど、文系出身の私でもIT業界で仕事ができる環境が整っていると感じ、入社を決めました。

仕事で感じたやりがい、満足感をえたエピソード
日々の業務をこなしていくなかで、少しずつ仕事を任せてもらえるようになり、先輩から「ありがとう」と言ってもらえたことがやりがいとなっています。

エム・デー・ビーの良いところとその理由
社内の雰囲気が明るいところが良いところだと思っています。私の中のIT業界のイメージとして、ずっとパソコンを触っていてあまり会話のないイメージがあったのですが、MDBには、仕事とのメリハリはありながらもたくさん話しかけてくださる先輩方が多く、とても良い雰囲気です。

今後挑戦したいこと
今後は、開発とインフラ両方の知識を付け、IT業界を引っ張っていけるような人財になっていきたいと思っています。

中途で入社し、1か月程の研修を経て、ECサイト構築のプロジェクトに参加。主にテストやデバック、軽微改修を担当。

2019年4月 中途採用

佐々木 咲良 Sakura Sasaki

入社理由
同じIT業界で仕事をしながら、独学でプログラミングを学んでいたのですが、中々それを仕事に活かす事ができずにいました。そんな中、共通の知り合いを通してMDBの営業の方と知り合い、その方から、ドローン搭載用システムの構築に携わっている事や、全社員を対象とした資格取得支援制度についてのお話を聞いていく中で、自分のキャリアとスキルアップのために、MDBに入社いたしました。

仕事で感じたやりがい、満足感をえたエピソード
エピソードと言える程大した話はありませんが、日々の業務の中で、着実に知識が増えていっている実感があり、それが最高のやりがいになっています。

エム・デー・ビーの良いところとその理由
社内はとても風通しが良く、行事やイベントなども盛んに行われており、社員同士が和気藹々としています。もちろん、参加、不参加は自由です。忘年会や納涼会で開催されるビンゴの景品も、とっても豪華ですよ!(笑)

今後挑戦したいこと
自分自身が成長している事、そして知識が身についている事を証明するため、今現在資格取得に励んでいます。合格、不合格にかかわらず、一つでも多く、そして少しでも難しい資格に挑戦していきたいです。


その他インタビュー OTHER INTERVIEW